キレモノ文具

日々さまざまな新商品が生まれていく中で、その中から自分にとって役に立ち、効率的に作業を進めることのできる文具を選び出すことが難しい時代にもなってきました。切る、留めるなど、実用性重視の文具も同様、さらに効率的に作業が進められるための進化に磨きをかけているようです。

これまでは、それほど高い機能や性能をハサミやステープラーに求めなくても、そこそこ機能していればそれで十分なところもありました。ところが、多少割高になる程度の価格で、切れ味がよいものや、たくさんの書類を留めることができるものが手に入り、そのストレスフリーの使用感を味わうと、もとにはもどれなくなってしまいます。さらには、使用目的によってもパフォーマンスの違いがあるため、同じアイテムを複数持ち、使い分けをするというこだわりまででてきそうです。

新しく便利そうなものをすぐに使ってみるのもよいことですが、なかにはあまりにもたくさんの機能を付けすぎたために、逆に使いづらいといったハズレ商品もあるので、気を付けなければならないところです。そのアイテムを使う目的をまず考えて、必要な機能と性能で見極めていくことが大切かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です