進化し続けるペン

「書く」という単純な作業ですが、多くの人が最も日常的に行っている行為で、その道具となる筆記具も毎日頻繁に使用されています。パソコンの普及以来、ペンを持って書くということにかける時間は、社会人になると一気に減少する傾向にありますが、それでも1日のうちで、まったく「書く」ことをしない人は少数かもしれません。

そのような使用頻度の高いアイテムだからこそ、手が疲れないことや、スムーズな書き心地の追求が今なおされているのかもしれません。

ボールペンと万年筆の使用感の違いとは、インクが紙に落ちるタイミングにあります。ボールペンは紙に筆圧をかけたところでインクが紙に付きますが、万年筆はペン先を紙に乗せるとインクが出てくるという仕組みのものが多くなっています。それぞれの特徴を感じながら、自分の好みや、用途、状況に合ったペンと選ぶのがよいようです。また高級感のあるペンは、人生の節目の贈り物としても最適で、名前を入れてプレゼントをすれば、世界で1本だけのペンとして喜ばれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です